【ハワイ旅行】実際に食べてみて美味しかった料理や飲食店をまとめてみた【2023年最新】

※本ページはプロモーションが含まれています
※本ページはプロモーションが含まれています
生活サービス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

2023年10月にハワイ・ホノルルへ旅行しました。

旅行中に足を運び、とても美味しかったお店について記録しようと思って本記事を執筆しました。これから旅行する方も参考にできるように、店名・料理名・価格を書いています。

ハワイ旅行を考えている方は是非ご参考ください。

こんな方におすすめ

☑️2023年最新のハワイのグルメ事情を知りたい
☑️実際に食べてみて美味しかったお店の名前や料理を知りたい

尚、本記事ではわかりやすいようにドル円表記をしています。

2023年10月時点では1ドル=149円です。円安が進行しており、日本人にとっては厳しい旅行となりました。

ハワイのおすすめ飲食店

ファイアーグリル

TR Fire Grill Waikiki (ワイキキ/アメリカ料理)
★★★☆☆3.29 ■予算(夜):¥6,000~¥7,999

「ハワイでステーキを食べるならこのお店だ!」とタクシーのおじちゃんに言われたので行きました。

ハワイにはほかにもウルフギャング、ルーズスクリスといった有名なステーキ料理店があるのですが、ファイアーグリルは同品質で安く、コスパに優れているとのこと。

料理はスモークドプライムリブやベイビーバックリブなどのお肉料理がメインで、スペイン風の本格タパスも多数揃っています。

管理人は黒毛アンガス牛のリブアイステーキ(42ドル(約6,300円))を注文しました。

お肉はとても柔らかくてジューシーで、スモーキーな香りが口の中に広がってとても美味しいです。

さらには蟹肉詰めのマッシュルーム(16ドル(約2,400円))も注文しました。

オリーブオイルでこんがり焼いたマッシュルームの上には、ぎっしり詰められたが乗っています。

チリソースが付いていますが、そのまま食べたほうが蟹とマッシュルームの風味がしっかり感じ取れて美味しいです。

ウルフギャングやルーズスクリスのリブアイステーキが100ドルを超えるので、ファイアーグリルでは半額以下で美味しいステーキを堪能できることがわかりました。

次回またハワイへ行くときに足を運びたいお店です。

ジョバンニ

Giovanni Pastrami (ワイキキ/イタリアン)
★★★☆☆3.30

ハワイのご当地フードとして人気を誇るガーリックシュリンプのお店、ジョバンニもオススメしたいお店の一つです。

ホノルルエリアに2-3店舗ありますが、管理人はカカアコにあるお店へ行きました。

メニューは「スカンピ」「ホット & スパイシー」「レモンバター」の3種がありますが、1番standardな「スカンピ」(16ドル(約2,400円))を注文しました。

画像の通りエビとごはんにたっぷりとガーリックがかかっています。この塩みと甘み、ニンニクの香りがガツンと鼻の奥を刺激し、食欲を引き立ててくれます。

エビに絡みついたガーリックをしゃぶった後、殻をむいてプリプリの身にかぶりつきましょう。気づいたらもう一匹と手を伸ばす自分がいるでしょう。

ハウツリー

Hau Tree Lanai Restaurant (カピオラニ公園周辺/アメリカ料理)
★★★☆☆3.44 ■予算(昼):¥2,000~¥2,999

カラカウア通りをダイヤモンドヘッドの方向へ進んでいくと、ハウツリーが見えてきます。名前の由来は店内にある樹齢200余年の木から来ています。

絶景のオーシャンビューを眺めながら朝食のエッグベネディクトを食べることができるお店として、日本人にとってもよく知られているお店です。

管理人もハウツリーのエッグベネディクト(23ドル(約3,400円))を注文しました。

イングリッシュマフィンに薄くスライスしたハムと半熟のポーチドエッグを乗せ、ベアルネーズソース(白ワインと香草で風味をつけたソース)で仕上げています。

何層も折り重なったハムに絡みつくポーチドエッグとベアルネーズソースが口の中で絡み合い、眠気を少しずつ、幸福感で包みながら覚ましてくれます。

一緒に注文したアボカドトースト(16ドル(約2,400円)も絶品で、たっぷりのアボカドペーストとトマトに香ばしいゴマトーストがピッタリはまっています。

こちらも2人で行く際にエッグベネディクトと一緒に頼んでほしい一品です。

こんなに贅沢な朝食を、画像のような何も遮るものがないオーシャンビューを望んで堪能することができます。

ホノルル中心地から少し歩く場所にありますが、朝早く起きてぜひ足を運んでほしい場所です。

パイオニアサルーン

Pioneer Saloon (カピオラニ公園周辺/食堂)
★★★☆☆3.43 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

ハウツリーから徒歩5分程度の距離にある、和食テイストのプレートランチやライスボウルが楽しめるお店です。

管理人は朝食をハウツリーで、昼食をパイオニアサルーンでとりました。

プレートランチはフィッシュやビーフ、魚介などお好みのメインを1品選び、ライスとサラダをセットにした内容です。

管理人はリブアイステーキ(20ドル(約3,000円))を注文しました。

写真の通り食べやすくカットしてくれるので、ビジネスマンやドライバーにとって優しいプレートです。ボリュームも十分で、これで20ドルなのは非常にコスパがよいと思いました。

管理人はテイクアウトしたので店内はよくわかりませんでしたが、様々なイラストやアンティークな家具に囲まれていて過ごしやすいと評判のようです。

まとめ

アメリカ料理の定番であるステーキだけでなく、ハワイご当地のガーリックシュリンプエッグベネディクトも非常に美味しいということが、今回の旅行でよくわかりました。

また、パイオニアサルーンなど和食も現地の方から長年愛されていることがわかり、日本人としては嬉しい気持ちになれました。

これからハワイ旅行へ行かれる方は、朝昼晩それぞれどこに行って何を食べるか調査されると思います。その際に参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました