【2022年最新】温水洗浄便座人気10選!ウォシュレットやシャワートイレとの違いや選び方も合わせて解説!

生活雑貨
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

QOLを上げるための生活雑貨をピックアップ!
今回は、トイレで用を足したあとにお尻を気持ちよく洗浄してくれる温水洗浄便座について、<温水洗浄便座とは><選び方><おすすめ10選>を解説します。

こんな方におすすめ

☑️そもそも温水洗浄便座とは何かについて知りたい
☑温水洗浄便座を選ぶ方法を知りたい
☑️気に入った温水洗浄便座をネット上で注文したい

温水洗浄便座とは?ウォシュレットやシャワートイレとの違いは?

温水洗浄便座とは、便器内から温水を上向きに噴出することでお尻を洗浄する機能が付いた便座の総称です。日本での一般家庭への普及率は80%以上にもなり、付いているのが当たり前になりつつあります。

温水洗浄便座には、以下のようにメーカーによってそれぞれ異なる商品名がつけられています。よく耳にするウォシュレットやシャワートイレといった名称はすべて商品名になります。

  • TOTO:ウォシュレット
  • LIXIL:シャワートイレ
  • パナソニック:ビューティ・トワレ

正式名称よりもメーカー名や商品名の方が浸透しているのは、温水洗浄便座ならではの特徴と言えるでしょう。

温水洗浄便座の選び方

毎日使うものだからこそ慎重に選びたい温水洗浄便座。購入の際にチェックしておきたい2つのポイントをご紹介します!

温水の作り方で選ぶ

温水洗浄便座は、噴出する温水を作る方法によって「貯湯式」「瞬間式」の2種類に分けられます。

貯湯式は、内蔵タンクに貯めた水を常時保温する方式です。比較的低価格の製品が多いため、初期費用を安く抑えたい人におすすめです。

瞬間式は、使用時に水を瞬間的に温める方式です。常時お湯を保温するための電気代がかからず、お湯切れの心配がないため、ランニングコストを抑えたい人におすすめです。

操作パネルのタイプで選ぶ

温水洗浄便座の操作パネルは、本体の横に操作パネルが付いた一体型と、ワイヤレスリモコンが付属するリモコン型があります。

一体型は、操作パネルを壁に設置する必要がないため、壁を傷つけない&工事費不要で導入できます。また、リモコン型と比較して比較的安価であるのもメリットです。壁を傷つけられない賃貸物件にお住まいの方やウォシュレットを手軽に導入したい方におすすめです。

リモコン型は、使用者が手を伸ばしやすい位置に合わせて設置できるため、操作性が高いです。また操作パネルが本体に付属していない分、本体がスリムになり省スペース化が図れます。特に身体の不自由な方におすすめです。

温水洗浄便座おすすめ10選

管理人の経験と各ECサイトでの評価をもとに、おすすめの温水洗浄便座10商品を「温水洗浄便座の選び方」で紹介したポイントをもとに厳選しました!

貯湯式×一体型の商品

パナソニック ビューティ・トワレ 貯湯式タイプ CH941SWS

値段14,980円
温水の作り方貯湯式
操作パネル一体型
特徴自動節電機能、洗浄方法選択可、ノズル自動洗浄、Ag+抗菌加工

値段も安い上に、貯湯式ながら使用しない時間を学習して暖房便座を節電する機能により電気代も安く抑えられる良品です。リズム洗浄やムーブ洗浄など自分に合った洗浄方法を選択でき、さらに噴出ノズルの洗浄水での自動洗浄機能も搭載しています。便座やノズル、シャッターなどすべての部位にAg+抗菌がされているため、常に清潔なのもメリットです。

東芝クリーンウォッシュ SCS-T160

値段14,800円
温水の作り方貯湯式
操作パネル一体型
特徴気泡入り洗浄水、噴出位置・水圧調整可、複数ノズル、抗菌、オート消臭機能

噴出されるお湯に含まれる気泡がマイルドな洗浄をしてくれます。ノズルは前後7段階、水圧は4段階で調整可能で、さらにおしりとビデそれぞれに異なるノズルを設けることで使用用途に合った洗浄方法を実現しています。また、ノズルと便座に抗菌機能&オート脱臭機能が備わっているため清潔感があります。

TOTO ウォシュレット Kシリーズ TCF8GK33-SC1

値段24,500円
温水の作り方貯湯式
操作パネル一体型
特徴クリーン樹脂、ノズル洗浄機能、3種類の洗浄方法、オート脱臭機能、各種節電機能、着座センサー

便座にクリーン樹脂を使用しており、ノズル洗浄機能も搭載されているため、忙しい方でもお手入れがしやすいです。また、洗浄方法を3種類から選択でき、オート脱臭機能も付いているため、快適に使うことができます。おまかせ節電機能やタイマー節電機能などの各種節電機能も付いており、電気代を削減できます。

瞬間式×一体型の商品

パナソニック 温水洗浄便座 瞬間式 DL-AWM600

値段85,369円
温水の作り方貯湯式
操作パネル一体型
特徴便器の泡コーティング、空気浄化機能、全25種類の洗浄方法、フタの自動開閉、温風乾燥機能

やや高額ながら清潔感と使い勝手に定評がある商品です。泡の力で便器表面をコーティングして汚れのこびりつきを抑え、さらに「ナノイーX」による空気の浄化を効果的に行っています。自分が求める洗浄方法を全25種類の中から選択可能で、さらに便器のふたの自動開閉機能3段階の温風乾燥機能なども付いているため、使い勝手も良いです。

東芝 温水洗浄便座 瞬間式 SCS-S300

値段19,920円
温水の作り方貯湯式
操作パネル一体型
特徴クリーン樹脂、ノズル洗浄機能、3種類の洗浄方法、オート脱臭機能、各種節電機能、着座センサー

座るたびに自動で脱臭するオート脱臭機能を搭載し、さらに便座の裏はくぼみなどの段差がなくひと拭きでお手入れできるため、常に清潔な状態を保てます。ノズルは根元から着脱できるため丸洗い可能です。東芝独自の省エネ技術である「高効率ヒーターユニット」を採用しているため、電気代も抑えられます。

貯湯式×リモコン型の商品

LIXIL シャワートイレ RTシリーズ CW-RT10 BN8

値段28,283円
温水の作り方貯湯式
操作パネルリモコン型
特徴高保温性のふた、防汚素材、2種類の脱臭機能、気泡入りのお湯

独自のフタの構造により保温性をアップさせており、省エネ基準111%達成しています。便座は汚れが入りやすいつぎ目がなく、さらに便座裏に防汚素材を採用しているためお手入れがしやすいです。使用状況を判断してパワー脱臭とフルパワー脱臭の二種類の脱臭機能を自動的に切り替えてくれます。また、気泡を含んだお湯により汚れをしっかり落とせます。

瞬間式×リモコン型の商品

TOTO 温水洗浄便座 KMシリーズ TCF8GM23

値段33,020円
温水の作り方瞬間式
操作パネルリモコン型
特徴おまかせ節電機能、脱臭機能、抗菌樹脂、ノズルクリーニング機能

高額商品が多い瞬間式の温水洗浄便座の中でも特にリーズナブルな商品です。トイレを使用しない時間帯にヒーターを自動オフにしたり温度を低くするおまかせ節電機能が付いています。また、抗菌樹脂やオートパワー脱臭機能により快適に使用できます。

パナソニック 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ WPシリーズ DL-WP40-CP

値段46,800円
温水の作り方瞬間式
操作パネルリモコン型
特徴フタ自動開閉機能、25通りの洗浄方法、Ag+抗菌、待機電力ゼロモード搭載

人の動きを感知してフタを自動で開閉してくれます。また、洗浄方法は25通り準備されており、自分好みに選択できます。操作部やノズル、便座など至るところにAg+抗菌がされており、高い清潔感を実現しています。省エネ基準達成率232%を実現する「待機電力ゼロモード」を搭載しているため、電気代を安く抑えられます。

TOTO ウォシュレット Sシリーズ TCF8CS66#SC1

値段34,364円
温水の作り方瞬間式
操作パネルリモコン型
特徴除菌水によるノズル自動洗浄、クリーン樹脂、2つの脱臭機能、節電効果

使用前後にノズルを除菌効果のある水で自動除菌してくれます。また、便座とノズルに防汚効果の高いクリーン樹脂を使用しており、清潔感があります。使用後は、通常の「脱臭」からパワー約2倍の「パワー脱臭」切り替わり、強力に脱臭をしてくれます。

パナソニック 温水洗浄便座ビューティ・トワレ RNシリーズ DL-RN20-CP

値段31,430円
温水の作り方瞬間式
操作パネルリモコン型
特徴不使用時間学習による節電機能、操作部のAg+抗菌、ステンレスノズル、脱臭機能

使わない時間を学習して節電してくれるかしこく節電 スマート暖房便座機能付きで、最大34%の節電を実現します。リモコン操作部はAg+抗菌、ノズルは汚れや傷がつきにくいステンレス製と、製品を清潔に保つ機能が備わっています。脱臭機能もついているため、使用時の不快感が低減されています。

まとめ

今回は、温水洗浄便座の選び方とおすすめの製品をご紹介しました。

温水洗浄便座は流通している商品数も多くそれぞれに異なる特徴があります。本記事で紹介した各観点を軸に、自分に合った商品を選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました