【迷ったらこれ!】メンズのウォーキングシューズ(スニーカータイプ)を5つ厳選!【2021年最新】

生活雑貨
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

QOLを上げるための生活雑貨をピックアップ!
今回は、長い時間歩いても足が疲労しないメンズのスニーカータイプのウォーキングシューズについて、おすすめ商品を5つ厳選して紹介します!

「どのウォーキングシューズを購入すれば良いか分からない。。。」そんなお悩みを持つ方は是非この記事を最後まで読んでみて下さい!

こんな方におすすめ

☑️どのウォーキングシューズを買えば良いか迷っている
☑️人気のウォーキングシューズを知りたい
☑️気に入ったウォーキングシューズをインターネット上で注文したい

そもそもウォーキングシューズとは?他のシューズとの違いって何?

ウォーキングシューズとは、名前の通り「歩くための靴」を指します。

ウォーキングシューズは、他の靴よりも厚く重みのある靴底を採用しています。これにより、安定感のある歩行を実現し、さらに足の疲労を蓄積させにくくしています。

また、重みのある靴底が振り子の原理を強化し、足を踏み出しやすくするとも言われているそうです。

このような特性から、体力作りのためにウォーキングを初めたい方や、アウトドア用のシューズが欲しい方にはウォーキングシューズを購入することをおすすめします。

ウォーキングシューズの選び方

数多くの商品が出回るウォーキングシューズ。以下2つのポイントを参考に自分に合った商品を選びましょう!

用途で選ぶ

ウォーキングシューズは、大きく「スニーカータイプ」と「ビジネスタイプ」に分けられます。自身の用途に合わせて選択しましょう。

スニーカータイプは、カラーやデザインが豊富に揃えられておりファッション性が高いです。プライベート時に履きたい方におすすめです。

ビジネスタイプは、ビジネスシューズと見た目がよく似ており、普段使いではもちろんスーツと合わせることも可能です。ビジネスの場面でも履きたい方におすすめです。

なお本記事では、スニーカータイプのウォーキングシューズにフォーカスしておすすめ商品を紹介します!

サイズで選ぶ

自分の足に合っていないウォーキングシューズでは、優れた歩行性が減少してしまいます。「足長」と「足囲(そくい)」を把握した上でサイズを選びましょう。

足長は、最もよく知られたサイズを選ぶ基準であり、最も長い指の先からかかとまでの長さのことです。つま先と靴がこすれて痛まないよう、1~1.5cmほど大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

足囲は、親指の付け根の出っ張りから小指の最も出っ張った部分を結ぶラインでぐるりと囲った長さのことです。サイズごとにアルファベットが振り分けられているのが特徴です。

足長と足囲を元に、以下の表を参考にして自分にフィットしたシューズを選定してみて下さい!

足長(cm)/足囲(mm)DE2E3E4E
22.0219225231237243
22.5222228234240246
23.0225231237243249
23.5228234240246252
24.0231237243249255
24.5234240246252258
25.0237243249255261
25.5240246252258264
26.0243249255261267
26.5246252258264270
27.0249255261267273
27.5252258264270276
28.0255261267273279
28.5258264270276282
29.0261267273279285
29.5264270276282288
30.0267273279285291

スニーカータイプのウォーキングシューズおすすめ5選

管理人の経験と各ECサイトでの評価をもとに、おすすめのスニーカータイプのウォーキングシューズ5商品を厳選しました!

ニューバランス リカバリー

値段5,508円
タイプスニーカー
足長22-28cm
足囲D
素材アッパー:合成繊維、ソール:合成底 

シューズの中でも特に高い人気を誇るニューバランスの商品です。サンダル感覚の軽快な履き心地と通気性の良さが魅力です。また、ウォッシャブル製品で洗濯機で丸洗いできるため、お手入れも簡単です。安価ながら圧倒的ブランド力と高レベルな機能が備わっているため、予算を抑えたい方におすすめです。 

アシックス ゲルファンウォーカー

値段4,399円
タイプスニーカー
足長24-28cm
足囲4E
素材アッパー:合成繊維・人工皮革、ソール:ゴム底 

足囲4Eのゆったりとしたサイズです。靴底のかかと部分に搭載されたクッション性に優れたゲルと摩擦に強いAHARPLUSが優れた履き心地と耐久性を実現しています。また履き口はゴム仕様で、脱ぎ履きも簡単です。カラーはグレーやネイビー・ブラウンなど種類豊富に取りそろえられており、自分好みのものを探せます。

ムーンスター SPLT

値段3,520円
タイプスニーカー
足長24.5-30cm
足囲4E
素材アッパー:合繊、ソール:圧縮EVA・合成ゴム 

高さ4cmの水たまりに4時間まで耐えうる防水性が特徴で、雨の日も安心して履くことが出来ます。インソールは取り出して洗濯可能で、さらに銀イオンによる抗菌防臭加工がされているため、内部をいつでも清潔に保てます。雨の日でも快適にウォーキングしたい方におすすめです。

メレル ジャングルモック

値段9,843円
タイプスニーカー
足長25-30cm
足囲2E
素材アッパー:天然皮革、ミッドソール:合成樹脂、アウトソール:ゴム 

世界160ヶ国で愛されるアウトドアブランド「メレル」の商品です。足を両サイドから包み込むように設計されたアウトソールと、衝撃吸収性に優れたフットベッドが、高レベルの歩行性を実現しています。またアッパー部分には撥水性が高く汚れに強い素材を使用しています。歩行性、耐水性ともに優れた商品が欲しい方におすすめです。

ミズノ CS800

値段6,580円
タイプスニーカー
足長22.5-28cm
足囲3E
素材アッパー:合成繊維・天然皮革・人工皮革、ソール:合成底

抗菌防臭用のメッシュや靴内の湿度・温度を下げる通気システムなど、スポーツ用品ブランドならではの技術で快適な履き心地を実現しています。また、靴内部に搭載した波形のプレートや耐久性に優れるアウトソールのラバーにより、クッション性と安定性を高めています。デザインはシンプルで落ち着きがあるため、飾らないデザインを求める会社員の方などにおすすめです。

まとめ

今回は、どのウォーキングシューズを購入すれば良いか分からないと悩む方に向けて、5つのウォーキングシューズを厳選して紹介しました。

ウォーキングシューズは、その名前の通り「歩き」に特化したシューズであり、歩行性が上がるような細工が施されています。

体力作りのためにウォーキングを初めたい方や、アウトドア用のシューズが欲しい方は、是非ウォーキングシューズを購入してみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました