Amazon薬局がすごい!2023年1月に日本上陸?特徴や転職方法について調べてみた!

生活サービス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

QOLを上げるための生活サービスをピックアップ!
今回は、Amazonが展開しているサービス「Amazon Pharmacy(アマゾン薬局)」のサービス内容について調べてみました。日本に上陸する場合、これまでの薬局のあり方を大きく変えるゲームチェンジャーになる可能性があります。

こんな方におすすめ

☑️Amazon薬局のサービス内容を知りたい方
☑️未来の薬局の姿を知りたい方
☑️薬剤師としてAmazonへの転職を考えている方

Amazon薬局が日本に上陸するらしい

日本の薬局が大きく変わろうとしています。

あのAmazonが、日本で処方薬販売事業への参入を検討しているというニュースが出ました。

日本経済新聞によると、サービス開始は電子処方箋の運用が始まる2023年を目指しているようです。

Amazon薬局のすごさ

日本にある薬局との違いは何か。Amazon薬局だけが持つ特徴をまとめてみると以下の通りです。

自宅に薬が届く

引用元:Amazon.com: Pharmacy

米国では既にサービス展開されているAmazon薬局。

米国では個人情報の登録を行い、医療機関からの処方箋をAmazon薬局へ提出することで、自宅までお薬を配送してくれます。

Amazon.com: Pharmacy

Amazon薬局が日本に上陸したら、このサイトの日本版がリリースされると考えられます。

コロナウイルス感染症により、日本ではオンライン診療が着実に浸透してきています。

これからはオンラインで診療を受け、処方箋をデータで受領し、Amazon薬局へ提出してお薬を届けてもらう未来がやってきそうですね。

薬剤師とのコミュニケーションができる

引用元:Amazon.com: Pharmacy

お薬の服用頻度や飲み合わせなど、気になったことはAmazon薬局上で質問することが可能です。

基本的な薬の情報はすべてデータベースを検索することで解決し、難しい質問は薬剤師さんが回答してくれるシステムです。

体調が悪くて外出できないときに、自宅にいながら薬剤師に相談ができるのは心強いですね。

お薬の購入履歴やお薬の情報を知ることができる

引用元:Amazon.com: Pharmacy

現在はお薬手帳で過去の購入情報を管理しています。

しかしAmazon薬局では購入したお薬の情報がデータで一元管理されます。

また、購入前にお薬の情報にアクセスすることが可能なので、料金や副作用、成約事項(対象年齢、妊婦かどうか等)など事前に知りたい情報を調べてから、安心して購入することができます。

Amazonでは既に薬剤師を募集している

Amazon薬局への接続性は不明ですが、既にAmazonは日本で薬剤師を募集しています。

募集要項は以下の通り。

募集要項・薬剤師免許を有していること
・薬剤師としての業務経験1年以上
・対人販売(患者、顧客対応)の経験が1年以上。
勤務地大阪府東大阪市箕輪
勤務時間9:00~18:00(365日(土日祝日含む)シフト勤務)
給与500~800万円
※能力・資格・経歴・経験等を考慮し、面接後に最終決定します
業務内容・医薬品に関するプロジェクトにおいて医薬品適正販売の判断
・カスタマーとのコミュニケーション
・CSチームとのカスタマー対応に関するコミュニケーション
・他部署との医薬品ビジネスにおける薬機法遵守に関するコミュニケーション
求められる
人物像
・社内他部署との業務対応経験
・電話対応しながら、サイト内で調査や、記録をする程度のPCスキル
・ドラッグストア・コールセンターでの経験
・英語力(読み書き・会話)

さすが世界的な企業だけあって、好待遇が期待されます。

こちらの情報はOpenworkに掲載された情報を基に作成しています。最新の募集要項についてはリンク先よりご確認ください。

人気が高い企業であり、就職・転職を考えている方はエージェントを通して応募することをおすすめします。

履歴書や職務経歴書のブラッシュアップはもちろん、過去にどのような人材が内定を獲得しているのか、どんな話を面接ですべきなのか教えてくれます。

おすすめは薬剤師の求人を最も多く持っているマイナビ薬剤師です。

おそらくAmazon薬剤師の求人も取り扱いしており、過去に転職を成功させたノウハウを持っている可能性があります。

まとめ

今回は、2023年に日本に上陸する可能性があるAmazon薬局について調べてみました。

長く業態が変わらない医療業界にメスを入れるきっかけになるのか、それとも利用者が伸びないのかは非常に気になります。

管理人として確実に必要なお薬をもらいたいので、オンラインで手続きが済むのは少し心配です。

とはいえ、「家から出れない」レベルの状態になった時には、家まで届けてくれるAmazon薬局を使いたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました