デート3回目以降におすすめ!神楽坂のデートをご紹介!【20-50代】

20代
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Hello(英語)管理人です!

本ブログは、50か所の東京エリアにおけるデートを「集合から解散」まで丸ごと紹介するデートコースの聖書です。デートを考えている方必見!!本ブログをパクるだけでデートは成功に導かれます!

今回ご紹介するのは、神楽坂のデートコースとなります!

突然ですが筆者は「神楽坂」という名前が好きです。何というべきか、響きの良さだけでなく由緒ある場所なのかなと感じさせてくれるものがありますよね。

名前の由来は諸説あるみたいです。一説ですが、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったが、神楽を奏すると容易に上れたために「神楽坂」の名が付いたみたいです。

東京メトロ東西線神楽坂駅と東京メトロ大江戸線牛込神楽坂駅が通っています。JR飯田橋駅からも歩いていける距離です。
また、周辺の学校には東京理科大学や法政大学があります。

神楽坂デートのポイントとパラメータからご紹介。

☑️時間は2〜3時間ほど
☑️江戸時代の面影を残した街です
☑️フレンチ料理屋が豊富

<パラメータ>     少 ⇔ 多
  飲食店       ★★★☆☆
  費用        ★★★☆☆
  所要時間      ★☆☆☆☆
  街の雰囲気     ★★★★★
  歩きやすさ     ★★★★★

石畳の路地で迷うことがなければ所要時間は2-3時間です。


また神楽坂周辺には赤城神社や毘沙門天善国寺、東京大神宮などの神社が沢山あり、御朱印巡りにはピッタリの場所です。御朱印巡りが好きな方は神楽坂の神社を中心に散歩をするのも楽しいと思います。

ありがたいことに筆者は東京大神宮へ参拝してから一度も病気にかかっておらず、例年以上に健やかな暮らしを送ってます(^人^)

色んなデートが考えられる街ですが、筆者も早速オススメのデートコースを1つご紹介していきますよ!

集合

仕事や学校終わりの夕方〜夜にかけての18時くらいに集合しましょう。
神楽坂駅は3つ出口がありますが、2番出口(弁天町交差点)を出たところにある
「アコメヤ トウキョウ」で待ち合わせしましょう。
お店の外観は以下のとおり全面が木で囲まれており、とても目立つので待ち合わせ場所に適しています。

この建物はもともと新潮社の倉庫だったものをリノベーションしたのだとか。
確かに倉庫っぽく見えます。

アコメヤトウキョウの店内には食料品と雑貨が売られており、カフェ併設となっています。お米のお店は日本人にとっては惹かれてしまいますよね🍚
(最近知ったのですが、炊飯器でお米を炊いて食べる方がサトウのご飯を買うよりも半分以下のコストだそうです!筆者は長らくサトウのご飯の方がお得だと思っていたので、とてもショックでした。。。)

アコメヤトウキョウの店内

赤城神社

アコメヤトウキョウを出て神楽坂駅の反対側へ進むと見えてくるのが赤城神社です。

夜の「赤城神社」は荘厳、ミステリアスでロマンチックな雰囲気に包まれます。

赤城神社のご祭神は岩筒雄命(いわつつおのみこと)。「火防の神」として、火の難から護ってくださるありがたい神様です。

さらに赤城姫命(あかぎひめのみこと)も祀られています。この御神体はお詣りに来た女性の願い事を叶える女神様といわれています。多くの女性が良縁成就夫婦円満安産などを願い赤城神社を訪れます。

赤城神社に訪れた際にはぜひお祈りして良い運気を持って帰ってください。

お店(ディナー)

赤城神社を出てさらに駅の反対側へ行きましょう。
今回ご紹介するのは旬の食材をつかったイタリアン「Carina carina(カリーナカリーナ)」

掲載情報なし

人気店なので予約しておいたほうがグッドです。
一品一品のボリュームが多く、値段もリーズナブルなので連日混んでいる印象です。

写真はお肉のロースト盛り合わせ。これだけでかなりお腹いっぱいになります。
神楽坂には高級料理店が数多くありますが、リーズナブルで美味しいお店もあります。

お散歩

お腹を満たしたら夜の神楽坂をお散歩しましょう!
これから紹介するのは「神楽坂通り」「かくれんぼ横丁」「兵庫横丁」の3つの道です。他にも小道があるのですが、ひとまずこの3つを歩いてみましょう👟
神楽坂独特の顔が見えてきます。

まずはじめに「神楽坂通り」です。神楽坂のメインストリートですね。
先ほどご紹介した「カリーナカリーナ」も神楽坂通りに面しているので、駅とは反対方向に歩いてみてください。
ケヤキ並木の坂道はモダンな飲食店や和雑貨店で彩られており、特に昼間の時間帯は歩行者天国も開かれていて賑わいが絶えることはありません。

が、カリーナカリーナのお店がある道がまさに神楽坂通りなのです。

神楽坂通りを飯田橋駅方面へ歩いていくと、「神楽坂50番」という肉まん屋さんが
見えてくるはずです。その角を左折してください。

この通りをまっすぐ進み、沖縄料理屋「OKINAWA BAR KAGURA」の横にある細い道を行きましょう笑
この道が「かくれんぼ横丁」です。

かくれんぼの名前通り道が複雑に入り組んでいます。行き止まりもあったりして、本当にかくれんぼ状態になってしまいそう。道の名称には「花街にお忍びで来た要人のあとを付けても、ひとつ路地に入られるとわからない」という意味もあるそうです。

最後に紹介するのが「兵庫横丁」です。
かくれんぼ横丁を通り抜けて神楽坂通りまで出て、神楽坂駅に向かう途中にある
「杉玉」というお店の横にある細い道へ進んでいきます。人一人が通るだけで精一杯の道です。

不安になるほどの細い道ですが、進んでください。管理人は猫に遭遇しました。🐈

細い道を進んだ先に兵庫横丁があります。

石畳の道に、趣のある料亭、一般の民家がひしめいていて味のある道です。
時間が緩やかに流れ、静謐なひと時を感じることができます。
他にも紹介したい小道があるのですが、デート時間の都合上この辺で。


筆者はこういう味のある道を歩くのが好きです。超絶怒涛の方向音痴ですが、神楽坂の道で迷いそうになった時はワクワクしたのを覚えています。初めて訪れる人にとっても、神楽坂は歩きやすく気分を落ち着かせてくれると思います。

まとめ

10代の方にとっては少々落ち着きすぎるデートプランですよね(笑)
20代以降の方にとっては緊張せず疲れないデートができる神楽坂はオススメです。
仕事や学校の課題が一段落した時にでも相手を誘ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました